お申し込みスーハマジックスーハ分析スーハセミナースーハグッズ会社概要
通信販売法の表示プライバシーポリシープロフィールお問合せ
   
 
 
 
第313号

調和の捉え方T

2012/7/23


こんにちは。リン・スーハ研究所です。

今週は溜めこまないような精神に近づく
「調和の捉え方」をご紹介します。

それは、

何を言われても、何を聞いても、
決定権は自分にあって相手にはない。

どういう状況にあっても
これが軸であることが「調和」です。

ここが曖昧になっていると
別の感情を持ってしまいがちです。

〜のせい…とか、私は悪くない…とか。

楽しいことを選んでいるのも
不快なことを選んでいるのも
実は、自分自身です。

きっと皆思っている以上に「〜のせい」をしながら生きています。
楽だから…。

調和の捉え方を一旦身に付けると
また違った楽さに出合い生きやすくなり煩わしさも消え去ります。

ことばをどう捉えるか?は、ことばの使い方に通じ、
自分磨きのトレーニングにもなります。

最終決定権は自分にあります。

これが調和の捉え方です。

●スーハを調べてみよう!

【今週の参考入力コトバ】
(名前+生年月日)のカラダとココロのバランスをとることば

*いい悪いではなくバランスがとれていることが調和です。













































 ←前号へ| 次号へ→ | 一覧


 
 
Copyright APPLINET Inc. All rights reserved.