お申し込みスーハマジックスーハ分析スーハセミナースーハグッズ会社概要
通信販売法の表示プライバシーポリシープロフィールお問合せ
   
 
 
  TOP > スーハご利用例 > 「今では、なぜ登校拒否していたか分からない「どうしたらそんな子どもに育つの?」と質問されました」

 スーハご利用例

「今では、なぜ登校拒否していたか分からない「どうしたらそんな子どもに育つの?」と質問されました」S.T.さん 女性

先日、娘の三者懇談会でした。今年専門学校に入り、就職活動のお話でした。ヒューマン・リテラシー(人間力を高める全ての表現力)になる優しさを持っている、優しさは人を僖ばす発想力・創造力に変わる、人間力がクラスでダントツです、就職・自己開拓は勿論ですが、学校から推薦も可能です。と

今は「何で自分がこんな事せんといかんのか」と思う人間が多い中、学校行事も課題も率先してやる、しかも楽しそうにやっている。先生から「どのようにしたら、そのような子供に育つのか知りたい」と質問されました。

「まず娘を信頼して尊敬していること、必要な時に話合いをしている、やりたい事が今の専門学校にあった」という事など話しました。

娘が実行していることは、
やりたい事をやる・楽しいならやる・モヤモヤしたらやめる。
それとクリーニングは欠かせないと言っています。

娘の素数波に
・天に向かって願いを叫ぼう 
・たくさん笑う 
・やりたいことをやりましょう 
の調和ことばがあります。

今年で19歳になる娘は中学1年の時に不登校になり、その時に本当の自分を知っておくべきと親の想いで素数波をしました。去年、ゆうじんさんに聞きたい事があると自分の意志で素数波の再面談を受けました。 

ゆうじんさんから、名前から出てくる波動は、私の想い・私の考え方・私の生き方、私のやりたい事を最優先にしてスイッチを入れて最期の最後までトコトンやる、命がけでやる (表数5229波動)

だから、これからは中途半端はしない、ハッキリしたことだけする。これだけ決めていたら、これからの人生スムーズに行く。迷ったり悩んだらストップ。しない、断る、キャンセル。

これならやりたいと私が確信したら核ができる。
加えて私が22とダブって強いから、私を大事にしてあげる。
それが特徴で波動ですよと。決していい悪いじゃないからねと。

それを信じて、素数波を信じてやっていくのみと言ってました。
今では、何で人が怖いとか、学校に行きたくないとか、と思ったのかが全くわからないと言っています。

素数波は調和ことばは、意識で何でも可能になるんだなぁと直近で見せてもらいました、最近では、なるほど、そうなんやね、ふう〜ん、と 娘の口調が、ゆうじんさんの受け答えと同じ感じでビックリしています。

親子でいつも数波がなかったら、導いてくれるゆうじんさんがいなかったら今はないね!と言っています。感謝です。ありがとうございます。

体験談を聞いて頂き、ありがとうございました。

▼素数波について
http://suha.jp/motosuha/index.htm
http://suha.jp/analysis/analysis_01.html

 
 
Copyright APPLINET Inc. All rights reserved.